遺品整理とは?遺品整理の作業内容と手順・時

大切な人を亡くしたとき、まず第一にしなければならないことは遺言書の有無の確認です。一人世帯が多くなった現代社会では、身内に限らず他人が遺品整理をする場合もあるかと思います。家族であれ他人であれ、人の死を目前にして冷静になるのは難しいことです。

しかし、予備知識があれば少しは助かります。この記事では、遺品整理の作業内容や手順、遺品整理の時期などを分かりやすくお伝えします。

遺品整理とは?

亡くなった人が残したものを整理することを遺品整理といいますが、遺言書の有無を確認してから始めます。正式な書式や手続きに従って作成された遺言書は法的な効力を持つので、遺品整理をした後に遺言書が出てくると、その遺言書に書かれた内容に従って、もう一度やり直さなければなりません。

生前に遺言書について聞いておけばよいのですが、身内であってもなかなか聞きにくいものです。遺言書は公正証書遺言なら公証役場に保管されています。自筆証書遺言の多くは仏壇や金庫、銀行の金庫などに保管されているようです。遺品整理を始める前に、まずは遺言書があるかどうかを確認しておくことが大事です。

遺品整理の作業内容

遺品整理にとりかかる前に、配偶者がいればまず配偶者が、身分証明書、現金、実印、通帳、証券類、カード類、契約書、年金手帳などを確認しておく必要があります。その他にも、帳簿や書類など仕事にかかわるものも確認しておきましょう。

また、生前、車イスやベッドなど介護用品をリースしていた場合は、返却の手続きを早めにおこなうようにしましょう。着物、骨董品、貴金属、本、フィギュア、楽器などのコレクション品や家具、家電製品、日用品、衣類などは急いで遺品整理をしなくても大丈夫です。

参照:遺品整理サービス

遺品整理をする前にやっておきたいこと

すべての預貯金が、亡くなった配偶者名義である場合は、葬儀費用すら払えなくなってしまうこともあります。口座名義人が死亡し、相続が発生したことを金融機関に連絡すると、即刻口座が凍結されてしまいます。公共料金やクレジットカード料金なども当然支払いができなくなってしまいます。

生前に口座名義を分けておくことが大事です。これは内緒ですが、とりあえずキャッシュカードで、ある程度の現金を下ろしてから銀行に死亡の連絡を入れる方が賢明かもしれません。

遺品整理の手順

遺品の整理は、まず絶対行わなければならない手続きを終えてからおこないましょう。手続きだけでも数えきれないほどあります。

できるだけ早くすみやかにおこなうべき手続きは以下のようになります。この手続きをまず済ませてから、親族が集まる四十九日までに、遺品の仕分けをおこなっておくのが理想です。

できるだけ早くおこないたい手続き

・死亡届を、本籍地または死亡地か届出人の住所地の市区町村役場に提出する。

・埋火葬許可証交付申請を本籍地または死亡地か届出人の住所地の市区町村役場に提出する。

・配偶者や家族が故人の扶養になっていた場合は、国民年金や国民健康保険に加入する。住所地の市区町村役場で手続きをおこなう。

・健康保険証、高齢受給者証、介護保険被保険者証の返却を市区町村役場でおこなう。

・厚生年金の手続きを年金事務所でおこなう。

・電気、ガス、水道の契約者の名義変更をする。

・新聞、インターネット、携帯電話、クレジットカードなどの契約のサービスの解約する。

・健康保険証、高齢受給者証、介護保険被保険者証の返却を市区町村役場でおこなう。

・特定疾患医療受給者の手続き、身体障害受給者の手続き児童手当の手続きなど、故人の状況によって確認します。

遺品整理が多い時期

遺産相続を行うための準備としての遺品整理(財産の確認)を行わなければなりません。遺品整理を始める時期は、一般的に四十九日の法要を目安にといわれていますが、特に決まりはありません。

故人の住まいが賃貸物件で退去日が決まっている場合や、持ち家の場合でも売却や譲渡で引き渡し日などがある場合は、期日までに終わらせることができるよう逆算して始める必要があります。

管理会社や不動産業者に問い合わせて、遺品整理を完了する日を決めましょう。遺品整理をいつから始めるかは遺族の都合や個々の事情によって違います。

まとめ

大切な人を無くした時に、やるべきことが多すぎて遺品の整理は後回しになりがちですが、遺品を何年も置いておくのも考えものです。

個人が愛したものは捨てがたいのが残された遺族の気持ですが、亡くなった人は、生きている間に整理をしておきたかったかもしれません。体力的や気持の面で無理なら、遺品の整理をプロの業者にお願いするのも一つの方法です。