特殊清掃とは?特殊清掃の作業内容と手順

高齢化社会で独居老人が増えていますが、結婚しない人も増え、社会的現象のひとつとして、いわゆる孤独死が増加傾向にあります。

特殊清掃とは、ひとりで亡くなり発見が遅れた場合などの屋内外の清掃をおこなうことを言います。おもに近所の住人から「異臭がする」という連絡が警察にあることから発覚することが多いようです。

警察の検死によって事件性の有無が調査されます。その後、警察によって遺体が搬出され、遺族に連絡がいきます。死後時間が経っていると、普通の清掃では臭いや汚れを除去することはできないため、ほとんどの遺族は、特殊清掃業者に掃除を依頼しています。

特殊清掃とは?

自殺や孤独死、事故死、焼死、殺人などがおこった現場を清掃、除菌、消毒をすることを、特殊清掃といいます。

死後になかなか発見されなかった遺体の損傷は激しく、消毒や消臭、害虫駆除などもおこないます。

特殊清掃サービスを提供するには、専門性が必要です。従事者には、高度な専門知識が要求され、臭気判定士、医療環境管理士、防除作業監督者、一級葬祭ディレクターなどの資格を有するスタッフの集団となります。

特殊清掃といわれるように、通常では考えられないほどの痛ましい現場での特殊な作業です。作業員は遺族の精神的なショックにも配慮しながら、完全にきれいな状態になってから住居の明け渡しをおこなうのがほとんどです。

特殊清掃の作業内容

おもな作業内容は、腐敗した肉片の除去、体液や血液の除去、腐乱臭や死臭の除去、感染症予防のための消毒、ハエやウジなどの衛生害虫の駆除、室内の解体工事、現状回復工事などがおこなわれます。

・家財道具の廃棄について
体液や血液が染みついた布団やベッドなどは通常の廃棄方法と違い、近隣の住民に不快感を与えないように厳重に梱包などをおこない搬出します。ゴミは産業廃棄物とみなし、処分します。

・消臭、消毒、除菌の徹底
高濃度のオゾン脱臭装置などを用いて、臭いのもとを取り除きます。

・害虫駆除
有害な菌やウイルスを媒介する恐れがある害虫を徹底的に駆除します。

・ハウスクリーニング
キッチン、浴槽、トイレ、洗面所、フローリング、ガラス、クロスなどのクリーニングもおこないます。

特殊清掃の手順

死亡後の経過日数によって、遺体の発見現場は違ってきます。日数が経過すると、汚物、体液、血液などで汚染されてしまっています。

特殊清掃を始める前に警察の検死があり、事件性の有無を調査後に特殊清掃がおこなわれます。

特殊清掃の手順について以下のようになります。
・現場視察後、見積りをおこないます。
・依頼主様と打ち合わせ後作業を開始しますが、状況がひどい場合は遺族の方には帰っていただき、遺族の方々が入室できるようになってから連絡します。
・賃貸住宅の場合は管理会社やオーナーと連絡を取り、詳しい打ち合わせをおこないます。
・汚染物の除去、清掃、消臭、消毒、害虫駆除、感染症予防を施します。
・汚れや臭いが染みついた床や畳、クロスなどを解体撤去し、産業廃棄物として処分します。
・改修箇所の仕上げ工事を行い、一連の作業が終了します。
・後に住まわれる方が全く気にならないように臭いと汚れをとり除きます。

参考:特殊清掃サービス

まとめ

死は避けられないもので、いつわが身に降りかかってくるかもしれません。美しいものばかり見て暮らしたい、怖いことは考えたくないと誰もが思いますが、どんなに立派な生き方をしてきた人も、どんな死に方をするかは予測できません。

「特殊清掃」という仕事のジャンルは、現代社会において、非常にありがたいシステムのひとつです。生前にネットなどで調べ、「自分がもし孤独死をした場合は○○の特殊清掃会社にご連絡下さい」などと記して、目立つところに貼っておく方法もあります。

身内がいる場合は、毎日一言メールで「おはよう」と連絡を取り合うだけでも安否確認ができ、遺体が長い間放置されるのを防ぐことができます。超高齢社会とともに独居老人が増えたことと、結婚しない一人世帯が増加傾向にあり、孤独死は身近な問題となっています。